出産・子育て

初産を40代で経験した加藤貴子の重い言葉  高齢出産・妊活について

女優の加藤貴子さんが初めて出産した年齢は、44歳の時でした。

日本産科婦人科学会では、35歳以上での初産を、高齢出産と定義づけています。

<高齢出産>(日本大百科全書)
35歳以上の妊婦の出産。 高年齢出産ともいう。

日本産科婦人科学会は、35歳以上の初産婦を高年初産婦とし、国際産科婦人科連合は、高齢妊娠を初産婦35歳以上、経産婦40歳以上と定義している。

したがって、日本では女性が35歳以上で初めて妊娠すること、世界的には出産経験のある経産婦が40歳以上で妊娠することも含めて高齢妊娠とよび、そこからの出産が高齢出産となる。

それを考えると、44歳で初産をした加藤貴子さんは、かなりの高齢出産です。

加藤貴子さんが、妊活や出産をへて実感した思いを言葉にしてくれていますので、いくつか取り上げてみたいと思います。

続きを読む

生物学的な妊娠・出産適齢期は何歳か?厚生労働省や専門家の見解

結婚適齢期に対しては、「したい時が結婚適齢期」などという言い方をされるようになってから、だいぶ年月がたちました。

 

ただ、妊娠・出産の適齢期となると、「産みたい時が出産適齢期」とは、簡単に言えることではありません。

なぜかといえば、生物学的・医学的な観点から女性にとって、最も適した出産の時期があるからです。

 

今回は、厚生労働省や専門家などの見解を確認しつつ、妊娠・出産適齢期について考えてみましょう。

更に、女性のみならず、男性にも生殖機能における適齢期は存在するのか、調べてみます。

続きを読む