事実婚にも手続きがいるのか? 事実婚を選択する人の考えが知りたい

この頃、事実婚という言葉が、自然に使われるようになってきました。

ブロガーのはあちゅうさんも、ツイッターで事実婚の報告をしています。

【デイリー 2018.7.15】
ブロガーで作家のはあちゅうが15日、自身のツイッターを更新し、AV男優のしみけんと結婚したことを報告した。
ツーショット写真とともに「結婚しました。(事実婚です)先月、お付き合いして4年になるAV男優のしみけんさんと事実婚の手続きを取りました。いつも応援してくださっている皆様にもご報告させて頂きます。今後ともよろしくお願いします。」と記した。

この記事では、事実婚の手続きを取ったと書かれています。

事実婚とは?

事実婚というものが、今一つよくわからない人も多いかと思います。

私も個人的には、現在の日本での結婚制度に対して、“紙切れ”の手続きという受け止め方をしている人が、“言葉遊び”として事実婚と言っているという風にしか、とらえていませんでした。

 

事実婚は、同棲することと何が違っているのでしょうか?

役所に婚姻届けは出さないけれど、二人の間で夫婦(パートナー?)として確認し合うという意味であれば、形式的には、同棲と同じです。

 

事実婚の手続き

はあちゅうさんは、事実婚の手続きについて、ツイッターでこうつぶやいています。

なるほど、住民票の続柄には、妻(未届)と記載されるのですね。

『大辞林 第三版』は事実婚に対して、

法律上の婚姻をしていないが、社会的に夫婦と同一の生活を送っていること。特に、婚姻の意思がない点で内縁と区別して使用される。

と記載されています。

内縁とは、「事実上の夫婦関係であるが,婚姻成立要件を欠くため,法律上の夫婦と認められない男女の関係。【ブリタニカ国際大百科事典】」とありますので、まさに違いは“意思”の問題です。

 

役所へ問合せ

一つの事例として参考になればと思い、私が住んでいる役所に問い合わせてみました。

まず、特別な手続きがあるのか尋ねてみましたが、「特にない」ということです。

住民票の続柄に『妻(未届)』という記載はしてくれるのかという点では、「近いうちに婚姻届を出す予定ということであれば記載する」そうです。

保険証の記載については、「(同居であれば)世帯主の氏名は当然載せるが、続柄は載っていない」という回答でした。

 

ちなみに私は東京都内に住んでいるので、「地方よりも事実婚に関して、制度的に何かしら進んでいるのかな」と思っていましたが、そうでもなさそうです。

はあちゅうさんのツイートでは、届け出をした役所の人が、二人の本籍地の役所に電話をして、独身確認をして手続きをしてくれたと書かれています。

私が問合せしたのは一ヶ所のみですが、事実婚の手続きは、各役所によって対応がまだ、まちまちなのでしょう。

 

なぜ事実婚を選択するのか?

婚姻届けを出さず事実婚を選択する理由は、何なのでしょうか。

 

行政書士の指摘

ある行政書士の方は、事実婚の選択理由として、主に4つをあげています。(竹内行政書士

  • 夫婦別姓の実践
  • 家意識や嫁扱いへの抵抗
  • 戸籍を通じて家族関係を把握・管理されることへの疑問
  • 婚姻制度の中にある男女差別や婚外子差別への反対

 

これらの理由を見ると、現在の国のあり方や制度に疑問を持っている人が、事実婚を選択していることがわかります。

夫婦別姓については、“選択的夫婦別姓”ということで度々国会でも議論になりますが、今のところ実現していません。

また、事実婚を選択する人は、結婚に対して家と家の結びつきを極力嫌い、あくまで個人と個人の関係性に力点をおいている人が多いようです。

 

はあちゅうの場合

実際、はあちゅうさん自身、事実婚を選択した理由として、インタビューでは2点をあげています。

一つは、「名字を変えるのが嫌」だったこと。
パスポートや法人登記名、銀行口座などの変更を余儀なくされる煩雑さに、まったくメリットを感じなかったのが理由です。

もう一点は、「家と家の関係性よりも、個人と個人の関係を結びたい」という思いから、結果的に事実婚になったといいます。

 

事実婚のメリット・デメリット

結婚をせずに事実婚を選択することで、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

事実婚のメリット

事実婚のメリットとしては、『なぜ事実婚を選択するのか?』で見てきたように、姓を変える必要がないので、それに伴う行政手続きや免許更新などをする必要がないことです。

更には、本当に割り切ってしまえば、煩わしいと感じる人もいる、家同士の関係に縛られることがない点でしょう。

もちろんお互いの両親に対しては、『息子の嫁』『娘の旦那』という立場ではあります。

ただ、お互いの親戚に対しては、新しい知人レベルの関係に留め置くことも可能で、面倒な親戚付き合いをしなくてもすみます。

 

事実婚のデメリット

次に事実婚のデメリットについてみてみます。

事実婚の場合、住民票に『 妻(未届) 』と記載してくれる自治体もあるようですが、法律的には配偶者という立場ではありません。

 

税制上、配偶者であれば受けられる相続税控除や配偶者控除、医療費控除などを受けることはできません。

厚生年金での配偶者の扱いも受けられませんし、夫婦である証明がしにくいので、携帯電話の家族割や海外旅行保険の家族セットも受けられない可能性があります。

また、子供が生まれた際の親権については、共同親権を持てないので、母親が親権を持つことになります。

 

事実婚のデメリットは、メリット以上に多いです。

それでも事実婚を選択するということは、デメリットを受け入れた上での個人の自由ということになります。

 

【関連記事】⇒『婚活・お見合いサイトで「結婚したい」を叶える

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください