韓国の反日教育が若者を『真珠郎』にする 嫌いなのになぜすり寄ってくるのか

韓国反日教育の結果 世間の話題・雑記

韓国の国会議員団が、日本にやって来るという報道がされています。

主導しているのは、天皇陛下への侮辱発言で日本からひんしゅくをかった、文喜相国会議長です。

発言の謝罪や撤回もせず、こういった行動に出るところが、日本人にはまったく理解できません。

【JIJI.COM 2019.5.3】
韓国国会の文喜相議長は、対日議員外交を強化するための組織「韓日フォーラム」を立ち上げ、会長に韓日議員連盟会長を務めた無所属の徐清源議員を任命した。国会報道官室が3日、発表した。

徐氏や韓日議連の現会長、姜昌一議員らは今月中旬、日本を訪問、「自民党幹部らと会い、悪化している韓日関係の改善策を模索する」という。

“悪化している韓日関係の改善策を模索” だそうです。

呆れてしまいます。

 

日韓関係を悪化させている元凶が何なのか、本当にわかっていないのでしょうか?

嫌いな日本になぜ近づいてくるのでしょう。そんなに嫌なら、関係改善などしなくても良いでしょう。

その反面、韓国国内では、相変わらず反日活動が活発です。

【日本経済新聞 2019.5.2】
日本企業への賠償命令が相次ぐ韓国の元徴用工訴訟で、原告側の弁護士は1日、差し押さえた日本製鉄と不二越の韓国内資産を売却する命令を出すよう裁判所に申請したと明らかにした。

一連の訴訟を巡り、原告側が企業の資産売却手続きに着手するのは初めて。 企業の不利益が確認された場合、日本政府は対抗措置に踏み切る可能性がある。

   『徴用工裁判の仰天判決

 

国際法を無視してだした大法院(日本の最高裁)の判決によって、自称 “元徴用工” 訴訟が頻繁におこなわれています。

日本企業に実害が出た時、日本の怒りの本気度をみせる時です。

今後の日韓関係にとって更に問題なのは、いまだに続く韓国の子供達に対する反日教育です。

【夕刊フジ 2019.5.3】
「日本政府は、謝罪しろ、謝罪しろ、謝罪しろ!」
4月24日(水)の昼過ぎ、ソウルの日本大使館“跡地”前ではシュプレヒコールが響き渡っていた。慰安婦問題で日本政府からの謝罪を求める水曜集会が始まったのだ。慰安婦を象徴する少女像(慰安婦像)には花を編んで作った冠が被せてある。

大学が中間テストの期間中のせいか、いつも参加者の多数を占める女子学生らの姿はなく、人数も普段の半分か3分の1程度。それでもざっと120人くらいはいるのだが、そのほとんどが小学校高学年だという。

彼らは「日本政府は謝罪しろ」「世界の平和を願う」などと書いたプラカードを掲げ、嬉々としながら「謝罪しろ」を連呼している。

「ハルモニたちは日本軍からの性暴力に耐えてきました。それはかっこいいし、だからぼくも尊敬しています。ハルモニたちが日本の野郎どもから謝罪を受けるのは当然のことです」

最後の文章は、男子児童が壇上に上がって読み上げた文章だそうです。

 

はっきり言って、おぞましい光景です。

何がおぞましいかといえば、小学生が完全に思想教育(日本絶対悪)された状態だからです。

反日教育の結果1

   『韓国の慰安婦像がウィーン条約違反

 

韓国の場合、対日本との歴史教育という点では、北朝鮮の思想教育となんら変わりがありません。

歴史の事実が何なのか、何が正しいか正しくないかではなく、完全にファンタジーを教えている感じです。

 

横溝正史の長編探偵小説に『真珠郎』という作品があります。

この小説は、ある人物が、自分を糾弾した社会に復讐を遂げようと、幼子を狂気の殺人者として育てるという話から、物語は展開していきます。

その狂気の殺人者として育てられたのが、真珠郎です。

まさに、この真珠郎を量産しているのが、今の韓国です。

韓国の子供達に罪はありませんが、反日教育を受け、根底に日本への恨みを抱えて、韓国人は幼少から育っていくのです。

 

世界には190ヶ国をこえる国があります。

そこまで日本が許せず嫌いであるのならば、韓国は日本など相手にせず、日本以外の国と文化・経済において交流していけばいいでしょう。


【関連記事】⇒『日韓議員連盟は解散すべきか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました