お見合い・婚活サイトは危険なのか? 安心なサイトを選ぶための注意点

年々、生涯未婚率が上がっています。

生涯未婚率とは、簡単にいうと、50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合を示した数値です。

2015年では、男性23.37%、女性14.06%という数値がでています。

男性の4人に1人、女性の7人に1人が、生涯結婚せずに一生を過ごすという状況になっています。

生涯未婚率(推移)が意味するもの

 

だからといって、その人達が結婚したくないかといえば、そういうことではありません。

中には、「自由や気楽さを失いたくない」という人もいますが、「適当な相手に巡り会わない」とか「異性とうまく付き合えない」という理由から結婚しない人もいます。

こういった回答からもわかるように、できれば結婚したいと考える人は、けっして少数派ではありません。

 

「適当な相手に巡り会わない」ということは、出会いが少ないということでもありますから、自分から出会いの場をつくるため、お見合い・婚活サイトに登録する人が、年々増えているのも理解できます。

ただし、お見合い・婚活サイトにも色々あるので、果たしてどのサイトが自分に合っているのか、なかなかわかりずらいところがあります。

 

今回は、特定のサイトを紹介するということではなく、お見合い・婚活サイトのどういった点に気をつけた方が良いのか注意点を見てみます。

有料 or 無料

有料か無料かで、サイトの評判に大きな違いがあります。

お見合い・婚活サイトには、登録に際して、有料サイトと無料サイト、若しくは女性のみ無料のサイトがあります。

 

これは説明するまでもないことですが、『無料』ということは、入会の敷居が低く気軽に登録できるということです。

中には、遊び心で「取りあえず登録してみよう」という人もいるはずです。

年齢的にもまだ若く「まず出会いを増やして色々経験したい」という人であれば、コストのかからない無料で登録できるサイトを選択するのも、悪い選択ではないでしょう。

 

それとは反対に、「できれば半年以内に結婚相手となる人をみつけたい」という人であれば、時間を無駄にしないようなサイト選びが必要になります。

結局、自分は何を目的に、入会するのかということが問われてきます。

『結婚』という明確なゴールを目指しているのであれば、真剣度合いの高い人が多い『有料』登録のサイトを選択した方が、賢明です。

 

登録時の提出書類

次に意識したい点は、登録時の提出書類についてです。

お見合い・婚活サイトに入会しておこなう登録内容は、サイトによって様々です。

年齢確認のため運転免許証やパスポートなどの提示は、有料無料を問わず、ほとんどのサイトが必須です。
その提出さえないようなサイトは最初から論外です。

 

また、どのサイトも既婚・交際中の人の登録はNGで、独身の人のみが登録できると書かれています。

ところが、ネット上の話しなので、どこまで本当のことかはわかりませんが、以下のような体験談があります。

「婚活パーティーで人気の大手の会社は身分証ちゃんと確認してないから偽医者もいた。独身証明書も出さなくていいから既婚者も沢山。

 

「婚活サイトある!ある! メッセージ交換していた人は写真がモデルの写真を使っていたり若い頃のを使っていたり写真詐称や経歴年収詐称が多く。。 1人は既婚者でした!!」

 

既婚者であるのに登録することは、規約に違反していることですが、最初から人を騙そうとする人にとっては、悪いことと知っていておこなっていることです。

法律だろうが規約だろうが、自分の利益や欲望のためなら、関係ないと思っているのでしょう。

このようなことを未然に防ぐため、お見合い・婚活サイトによっては、任意として「独身証明」の書類を受け付けているところもあります。

ちなみに、独身証明書は本籍地の役所で、通常一通300円で発行してくれます。

 

他にも「収入証明」「学歴証明」を受け付けているサイトがあります。

より確実な多くの情報を提示することで、結婚に対する真剣度合いが伝わり、異性からのアプローチも多くなります。

なかには、自分の価値を少しでも良く見せたいと、偽りのプロフィールを書いている人もいます。

そういった良からぬ人物が存在していることも考えられるので、証明書類を提出してもらうことで、未然にトラブルを回避できることが、可能になります。

 

本人の心構え

どんなお見合い・婚活サイトに登録したとしても、重要な点が本人の心構えです。

どういった目的で、そのお見合い・婚活サイトに登録したのかという点が、明確であればあるほど、結果にもつながります。

お見合い・婚活サイトは、最初の出会いのきっかけに過ぎません。

仕事での出会い、趣味やクラブなどを通じての出会いも、その後関係を発展させていく点においては、ネットでも同じことです。

違いは、お付き合いを前提として、出会うという点です。

 

確かに、ネットでの出会いに危険は存在していますが、そもそもネット以外の出会いはすべて安全かといえば、そうではありません。

自分の経歴を偽る人、何かの勧誘目的で会やサークルに参加してくる人は、ネット以外でも普通に存在します。

要は、少しでもリスクを減らして、婚活に望めるような選択をすることです。

 

以上、見てきたように、できればトラブルなく、婚活に集中できるサイトに登録して、良い出会い、そして結婚という一つのゴールに向かっていけたら、良いですね。

 

お見合い・婚活サイトに関しては、以前こちらの記事に書きましたので、ご関心あれば、読んでみて下さい。

 

【関連記事】⇒『婚活・お見合いサイトで「結婚したい」を叶える

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください