社民党の議員数は現在どれくらいか? 直近の国政選挙の比例票数を確認してみる

社民党2 政治・経済関連

社会党時代を知る人にとって、今の社民党はどのように映っているのでしょうか。

【共同通信 2020.2.22】
社民党は22日、東京都内で党大会を開いた。又市征治党首(75)の任期満了に伴う党首選が公示され、福島瑞穂副党首(64)が無投票で新党首に選出された。

党内には立憲民主党との合流を巡って賛否両論があり、党内対立の表面化を避けるため、福島氏に一本化した形だ。

日本社会党から社会民主党に党名を変更したのが、1996年のことです。
もう四半世紀が経とうとしています。

1950年代後半、社会党時代には、250議席をこえる衆参国会議員が在籍していましたが、今やはるか昔の話です。

直近の国政選挙で、社民党は比例票でどれくらいの票を、獲得したのでしょうか?

Sponsored Link

第25回参院選での社民党

2019年7月におこなわれた第25回参議院議員選挙が、一番最近の国政選挙です。

社民党は比例代表で、761,207票を獲得しています。

これは、新興勢力である、れいわ新選組の1,226,412票や、NHKから国民を守る党の841,224票を下回る数字です。

それでもこの比例代表獲得票で、かろうじて1議席を得、吉田忠智議員が3年ぶりに国政に復帰しています。

   『立憲民主党と社民党が合流するとどうなるのか?

社民党議席数

社民党の現在の国会議員は、福島みずほ参議院議員(比例)、吉田忠智参議院議員(比例)、照屋寛徳衆議院議員(沖縄2区)、吉川はじめ衆議院議員(大分2区)の合計4名になります。

社民党の地方議員の数は、総務省の発表によると、都道府県議会議員31名、市区町村議会議員212名で(2019年12月31日現在)、合計243名です。


今後、社民党はどうなっていくのでしょう。立憲民主党に吸収合併されてしまうのでしょうか。

共同通信の記事の続きです。

執行部は当初、党大会で(立憲民主党との)合流の是非を決める方針だったが、地方から「拙速だ」などの異論が出て判断を先送りした。党大会では合流に関し「全党のさらなる積極的な議論をお願いする」との議案を提起した。

たぶん “「拙速だ」などの異論” を出したのは、社会党時代にバリバリの市民運動をしていたような相当の高齢者でしょう。

立憲民主党がいつまでその名前で政党が存在するかわかりませんが、あと数年後には、社民党は他の野党に吸収されていく運命をたどると思います。


【関連記事】⇒『立憲民主党の政党支持率の推移を確認


コメント

タイトルとURLをコピーしました