国民民主党の残留メンバーを一覧にまとめてみた 次の選挙で生き残れるのか?

国民民主党メンバー一覧 政治・経済関連

前回の衆院選は、2017年10月22日におこなわれました。

衆議院議員の任期は4年ですので、2021年10月までに、衆議院の解散があることは間違いありません。

野党は、政権奪取というよりも生き残りをかけて、野党再編をおこなっているのが現状です。


国民民主党の国会議員には、立憲民主党との合流に参加しないメンバーもいます。

玉木雄一郎代表1

現時点でわかっている残留メンバーを、一覧にまとめてみました。

合わせて国民民主党の参議院メンバーの任期や支持団体を確認し、次回衆院選で生き残れるメンバーは誰なのか、チェックしてみたいと思います。

Sponsored Link

残留・国民民主党メンバー一覧

では、残留する国民民主党のメンバーを衆参にわけて、一覧表にしてみます。

現状、衆議院議員6名、参議院議員8名です。

【衆議院議員】

 議員名 選挙区 当選回数
玉木雄一郎 香川2区 4回
前原誠司 京都2区 9回
古川元久 愛知2区 8回
岸本周平 和歌山1区 4回
山尾志桜里 愛知7区 3回
浅野哲 茨城5区 1回

【参議院議員】

議員名 選挙区 当選回数
大塚耕平 愛知県 4回
小林正夫 比例区 3回
浜野喜史 比例区 2回
矢田稚子 比例区 1回
榛葉賀津也 静岡県 4回
増子輝彦 福島県 3回
足立信也 大分県 3回
伊藤孝恵 愛知県1回

参議院メンバーの任期

衆議院議員選挙はおよそ一年以内におこなわれますので、メンバーの入れ替わりが近いうちにおこります。

それに対して、参議院議員は任期が6年ですから、ここ数年は現存のメンバーが、国民民主党の基盤的存在になります。

それぞれの参議院議員の任期と比例メンバーの支持団体を確認します。

議員名 任 期 支持団体
大塚耕平 2025年7月
小林正夫 2022年7月 電力総連
浜野喜史 2025年7月 電力総連
矢田稚子 2022年7月 電機連合
榛葉賀津也 2025年7月
増子輝彦 2022年7月
足立信也 2022年7月
伊藤孝恵 2022年7月

以上、2022年7月改選メンバー5名、2025年7月改選メンバー3名となります。

次の衆院選で生き残れる?

自民党の総裁選挙は、9月14に投開票がおこなわれ、16日に臨時国会が召集される予定になっています。

そこで首相指名選挙が実施され、新内閣が発足されることになります。その後、衆議院の解散がいつおこなわれるのかは、新しい首相の考え次第です。


国民民主党のメンバー6名は、次の衆院選後、また国会に戻ってくることはできるのでしょうか。

玉木雄一郎議員(香川2区)、前原誠司議員(京都2区)、古川元久議員(2区)、岸本周平議員(和歌山1区)の4名は連続当選中で、民主党にとって厳しい選挙となった2012年の選挙でも、自民党候補に競り勝っています。

この4名は、ほぼ間違いなく、次の選挙でも勝ち上がってくるでしょう。


浅野哲議員は、茨城5区で長年連続当選してきた大畠章宏氏(政界引退)の秘書として基盤を受け継ぎ、前回の衆院選で初出馬しました。選挙区では、自民党の石川昭政議員に惜敗しましたが、比例で復活当選しました。

立憲民主党との関係がこじれない限り、浅野哲議員の実力次第で、自民党候補と茨城5区で五分五分の戦いはできるのではないでしょうか。

問題は、山尾志桜里議員です。

立憲民主党を飛び出した山尾志桜里議員は、愛知7区の支持者からも不評を買っていると報道されています。

愛知7区を変えて別の選挙区から出馬するのか、まだ正式な発表はされていませんが、次の選挙は試練が待っていることでしょう。前回も厳しい選挙ではありましたが。


国民民主党のメンバーの中には、しばらく無所属で活動していく方針のメンバーもいるようです。

コアなメンバーがしばらく耐え忍び、今後の新生・国民民主党の活躍次第では、徐々に党勢を拡大していくことも可能でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました